カイロプラクティックをはじめるなら│全国健康生活普及会(全健会)

トップページ > カイロプラクティックの歴史

カイロプラクティックの歴史と発展
 カイロプラクティックはアメリカで100年以上前にD.D.パーマーにより発見された新しい医療です。「カイロプラクティック」とは、パーマーの患者であり友人でもあったサムエル・ウィードによって名づけられました。
  D.D.パーマーは人間の病気の根源を研究していました。研究の中で、17年間耳が聞こえないというハービー・リラードの症状を調べておりました。脊柱を検査している際、椎骨が盛り上がり、瘤があることを発見しました。D.D.パーマーはその椎骨をもとに戻せば聴力が回復するのではないかと考え、リラードを説得して両手でその椎骨を押し込んだ瞬間、17年間失われていたリラードの聴力が回復しました。それが1895年9月18日のことであり、世界で最初にカイロプラクティックが誕生した瞬間です。
 D.D.パーマーのカイロプラクターとしての人生は18年間と比較的短いものでありましたが、カイロプラクティックの発展に全てを捧げました。その意志は、息子でもあるB.J パーマーに引き継がれ、孫のD.D.パーマー3世の時に科学的に認められ、法制化されました。現在、米国で認可されている18校の専門大学の卒業生は、「脊椎の専門家」として毎年数多くのカイロドクターが誕生し、活躍しています。

併せてお読みください!