カイロプラクティックをはじめるなら│全国健康生活普及会(全健会)

トップページ > 新着情報
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その12
2.インフルエンザワクチンの新しい形

(3)インフルエンザウイルスに対する経鼻ワクチンのしくみ



*新型にも効果を発揮

インフルエンザウイルスは、常に構造が変化しており、構成する2種類のタンパク質の組み合わせによって100種類以上の「亜型」と呼ばれる種類が存在します。このため、毎年違うワクチンを注射しますが、従来のワクチンでは新型への効果は期待できないとされています。

経鼻ワクチンは、噴射した鼻や喉の粘膜表面に血中の抗体とは異なる種類の抗体「IgA」ができます。これはより複雑な形状をしているため、さまざまな種類のウイルスをとらえることができると考えられています。実際にH5N1という亜型に対応した経鼻ワクチンを接種したマウスにH3N2のウイルスを感染させる実験をしたところ既存のワクチンではすべてのマウスが死にましたが、経鼻ワクチンを接種すると8割が生き残ったという結果がでました。

 

アメリカでは、生ワクチンを使った経鼻ワクチン「フルミスト」がすでに使用されていますが、国内では未承認のため使用する場合は保険適用外となります。また、フルミストは毒性を弱めたウイルスを鼻に噴射する生ワクチンであるため、発熱などの副作用が出る場合もあり、2~49歳までしか使用することができません。今回開発された国産の経鼻ワクチンは、不活化ワクチンのため副作用の恐れが少なく、乳児や高齢者の使用に向いているといわれています。不活化ワクチンを使った国産の経鼻ワクチンは、現在国へ申請中ですが、人に対しての安全性と有効性を調べる治験は2019年7月に終了しているため、数年後には痛みを伴う注射をせずに、インフルエンザを予防できる日が来るといえるでしょう。

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その11

2.インフルエンザワクチンの新しい形

(3)インフルエンザウイルスに対する経鼻ワクチンのしくみ

現在、日本で承認されているインフルエンザワクチンは「皮下注射」ですが、阪大微生物病研究会と国立感染症研究所が開発した「経鼻ワクチン」は、従来とは異なるしくみで体に作用し、高い効果を発揮すると期待されています。

 

*感染予防

従来の注射によるワクチンは、体内に入ったウイルスによる重症化を防ぐことが目的で、感染を予防することはできません。それに対して、今回日本で開発された経鼻ワクチンは、不活化ワクチンを鼻から噴射し、これが鼻や喉の粘膜から体内へ取り込まれると、免疫細胞の働きが活発になり、侵入したウイルスを捕まえる抗体を粘膜表面に大量に放出します。すると抗体が門番のように体内へのウイルスの侵入を防ぐことができるため、感染予防に役立つと考えられています。

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その10


2.インフルエンザワクチンの新しい形

(2)ワクチンのしくみ

私たちの生活環境の中には、細菌やウイルスなど病気を引き起こすさまざまな病原体が生存しており、この病原体が体内へ侵入することで病気を発症します。しかし、私たちの体には一度入ってきた病原体が再び体内に侵入しても病気にならないように、病原体を記憶し、病原体と戦う準備をする「免疫」という機能があります。このしくみを利用したのがワクチンです。ワクチンを接種することで、私たちの体は病原体に対する免疫をつくり出します。

ただし、通常の感染のように実際にその病気を発症させるわけではなく、病原体の毒性を弱めたり、無毒化してコントロールされた安全な状態で免疫をつくるのです。これにより、いざ病原体が入ってきたとしてもあらかじめ備わった免疫で退治できるようになります。このワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」及び「トキソイド」の3種類があります。

 

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その9

2.インフルエンザワクチンの新しい形


インフルエンザの予防接種は、一般的に注射による接種が普及しています。しかし、阪大微生物病研究会と国立感染症研究所は、従来の皮下注射ではなく、鼻にスプレーをするだけでインフルエンザの感染を防ぐ「経鼻ワクチン」を共同開発し、実用化に近づいています。この経鼻ワクチンは、接種時の痛みがなく、乳幼児や高齢者などにも使えるため、ほかの病気の予防接種でも実用化が期待されています。

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが体内に侵入し、喉や気管支、肺で感染・増殖する感染症です。インフルエンザウイルスは、A型・B型・C型の3種類に分けられ、主に流行するのはA型とB型です。

インフルエンザの症状は、風邪のようなのどの痛みや鼻汁、咳などの症状がみられますが、38℃以上の高熱や関節通、全身のだるさなども同時に現れる特徴があります。また、小児ではまれに急性脳症が起こる場合があり、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を伴うなど重症化することがあります。

 

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その8
【2020年時における健康のための最新情報】

1.世界で猛威を振るう「新型コロナウイルス」 。

(3)もし感染が疑われたら?

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行に備え、2020年10月以降の新たな相談や診療の流れについて公表しました。発熱や咳など疑わしい症状のある人は、まずは、かかりつけ医など身近な医療機関に電話で相談します。かかりつけ医などが検査に対応できる医療機関であれば、その医療機関で診療・検査を行います。その医療機関での対応が難しい場合は、別の診療・検査機関を案内されます。どこに相談して良いか分からない場合や、夜間・休日などは、都道府県・保健所などに設置されている「帰国者・接触者相談センター」(地域により名称がことなることがある)に電話で相談します。



 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その7


(2)新型コロナウイルスの検査と治療

〈薬物療法〉

現在も新型コロナウイルスに対する抗ウイルス薬や、その症状に応じたさまざまな治療薬の開発が進められています。日本国内で承認されている治療薬は抗ウイルス薬の「レムデシビル」と、ウイルス感染による炎症を抑えるステロイド薬の「デキサメタゾン」です。

ウイルスは細胞をもたないため、自分自身では増殖することができません。抗ウイルス薬は、宿主細胞内に侵入したウイルスの増殖過程を阻害する作用をもちます。レムデシビルは、RNAの複製を抑えることでウイルスの増殖を防ぐ効果が期待されています。

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
千葉テレビ放送の「ナイツのHIT商品会議室」ご覧になりましたか?

zenkenkaiが千葉テレビ放送の「ナイツのHIT商品会議室」に登場した放送回が期間限定ですが、下記のリンク先でご覧いただけます!
内容としましては、zenkenkaiの施術院に置かれているフリーペーパーの漫画の新キャラを考えてもらう、、、というものです。「ナイツのHIT商品会議室」で考案いただきましたキャラクターは実際にフリーペーパーにこの3月、4月、5月と登場しています!ぜひフリーペーパーにもご注目ください!
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その6


(2)新型コロナウイルスの検査と治療

〈重症患者への治療〉

*気管挿管

気管挿管とは、気管チューブを口や鼻から気管に挿入して留置することで、空気の通り道を確保する方法です。気管チューブを人工呼吸とつなぎ、酸素を供給します。全身麻酔時や心肺停止など呼吸困難状態の患者に対する軌道の確保のために行います。

 

*体外式膜型人工肺(ECMO:エクモ)

気管挿管をし、人工呼吸器を使用することで重症肺炎の患者の呼吸をサポートできますが、中には人工呼吸器を使用しても十分に酸素を取り込むことができないほど胚芽ダメージを受けている場合もあります。このような場合に最終手段として使われるのが、ECMO(Extracorporeal membrane oxygenation)と呼ばれる医療機器です。肺の代わりにガス交換をしてくれる機器で、日本語にすると「体外式膜型人工肺」となります。

ECMOでは、患者の静脈に太いカテーテルを挿入して二酸化炭素が多く含まれる血液を体の外に取り出し、「人工肺」と呼ばれる装置でガス交換を行います。血液はポンプを使って循環しており、二酸化炭素を取り除き酸素が補充された血液は、別のカテーテルを通して患者に戻されます。このように、患者の肺がまったく働いていなくても人工的にガス交換ができる機器です。しかし、ECMOを使用するためには、熟練した医師・看護師・臨床工学技士がそろっている必要があり、どこの病院でも行える治療ではなく、限られた医療機関のみで行える治療です。また、1台のECMOを稼働するためには多大な人員と労力が必要で、多額の医療コストもかかります。

 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
健康記事/【2020年時における健康のための最新情報】その5


(2)新型コロナウイルスの検査と治療

〈症状と経過〉

発症すると咳や発熱など風邪に似た症状が長引くのが特徴で、味覚・嗅覚障害を起こす人もいます。発症しても約8割の人は軽症のまま治りますが、ウイルスが消えた後も長期間、だるさ、息苦しさ、関節痛といった症状が続く場合があることも分かってきています。中等症、重症と症状が進んでしまう人では、肺炎のほか、血液や血管にかかわる障害、脳梗塞などの多くのリスクが高いので注意が必要です。

 
*新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高い人

・高齢者(65歳以上)

・持病のある人(肺の病気、心臓病、慢性の腎臓病、糖尿病、高血圧など)

・肥満者
 

特定非営利活動法人 日本成人病予防協会 発行「ほすぴ 179号」より抜粋
第226回初級カイロ事業セミナー情報

第226回初級カイロ事業セミナー情報です。

225回に続き、集中事業セミナーと通常より短い日程で学んでいただけます。



 

詳しくは資料請求お問い合わせください!


 
併せてお読みください!