カイロプラクティックをはじめるなら│全国健康生活普及会(全健会)

トップページ > 先輩たちの声 > 徳久 瞳先生
活躍するカイロプラクターの声
voice of chiropractor

voice_title_photo5

両親へ親孝行したい

小さい頃から柔道をしていて、実業団の選手として国際試合にも出るなど活躍していました。柔道選手を引退して何をするか、自分の今後の人生について迷っていたときにフリーペーパーで全健会のカイロプラクティックを知り、患者として行ってみることにしました。カイロプラクティックを仕事にできるのかなという気持ちもありましたし、体調があまり優れない両親へ恩返しもしたい、という思いも強かったです。
両親とも、柔道の活躍を応援してくれていましたが、むち打ちや肩こりからくる体調不良のため通院してましたし、試合の応援に来てもらうことが申し訳ないと思うほど体調がすぐれない時もありました。カイロプラクティックを学んで、両親に施術したところ、今ではとても元気になって、若返ったみたいです。

voice_img1_5
voice_img2_5

姉の協力も後押しとなり、施術院をオープン

初級カイロ事業セミナーを受講後は、共同施術院や勉強会など、現場でのインターン経験を積みながら技術や知識を身につけていきました。
選手時代にも、体調管理や、減量の一環として、栄養補助剤などを利用していましたし、全健会の推奨する総合指導法はとても理にかなっていると思いながら、知識を学んでいきました。
初級カイロ事業セミナーの他にもセミナーを受け、自分でも施術院を開きたいと思いました。始めは姉が経営している美容院の一角を借りて、カイロプラクティックの施術を行っていたのですが、患者様も多くいらっしゃるようになったので、アパートの一室を借りて、施術院をオープンすることになりました。今後は、さらに活動の幅を広げていきたいです。

初級カイロ事業セミナー受講生のみなさんへ

身体がつらい状態で来られた患者様も帰るときには笑顔になっていたり、2度目に来られたときに「前より調子がいいよ」と言ってもらえたり。多くの患者様の笑顔が私のやる気の源になっています。「ありがとう」と言ってもらえる、とてもやりがいのある仕事です。始める前は私もとても不安でしたが、学び始めると不安は晴れますよ。

voice_img3_5

初級カイロ事業セミナー受講生の声
活躍するカイロプラクターの声
併せてお読みください!